TOTAL CONVENIENCE SERVICE

ベンリー事業について

こんな会社におススメ

一般家庭へのサービスを中心に、地域密着で安定した事業を展開

ベンリーの生活支援サービス事業は、ターゲット顧客層を選ぶのではなく、地域を選定して展開します。地域密着ですべての方がターゲットとなり、お客様のさまざまな依頼にワンストップサービスで対応。一人のお客様から繰り返して利用いただくことで、長いお付き合いをしていく事業です。

ベンリー事業の顧客層は、一般家庭のお客様が中心(78.2%)

生活支援の複合サービスを提供するベンリー事業の顧客層は、

一般家庭のお客様が中心(78.2%)となります。

そのため、景気不景気に左右されにくく、自社顧客に対するサービスから、

従業員やその家族(親の介護をする従業員へのサポートなど)

取引先にいたるまで、幅広くサービス展開することが可能です。

参入業種事例

ベンリーは多くの企業様からご指示をいただき、様々な業種・業態から参入をいただいております。

建築・リフォーム、不動産、ガソリンスタンド、LPガス、電気、パチンコホール、運送、医療、介護、ホームセンター、ドラッグストア、家具販売、リサイクルショップ、調剤薬局、配置薬、タクシー、バス、鉄道、製造

参入動機例

地域に根付き、少子・高齢化の時代に求められるサービスとしてベンリーの生活支援サービス事業が選ばれています。

○ 顧客の囲い込み
○ 成長産業、地域包括ケアシステムへの参入
○ シニア市場の開拓、新規顧客獲得、販路拡大
○ 住宅リフォーム、住宅改修の新規獲得
○ 施設の清掃、メンテナンスの内製化
○ スタッフの活躍の場の提供、雇用延長
○ 保険外サービスの収益化
○ アフターフォローの効率UP  など

生活支援サービスの導入事例をご紹介

生活支援サービスの今後の市場性、導入事例や収益モデル、
地域連携の取り組み事例などの詳細は参加無料の事業説明会にてご紹介。

事業内容や説明会に関するご相談は、下記よりお気軽にお問い合わせください。